ことばの途上
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

ことばの途上

¥2,200 税込

送料についてはこちら

『ことばの途上』 著:岩瀬崇 発行:あわ居 装丁:瀬川晃 判型:A5判、236ページ 初版:2021年7月1日 200部 ーーーーーーーーーー きれいな本です。折り込まれたカバーの隙間から覗くのは無数のことばたち。著者は書の仕事をしつつ、岐阜県の山村、石徹白の古民家と市内の自宅を往復するくらしとしたのち、現在は石徹白に在住。 「2015年後半~2020年にかけて、約5年程の間に紡がれた詩、エッセイ、評論」という本書は、そうした往復の暮らしの様子、というものではなく、「そうした生活を通じて」ふと考えたことを散文として記し、年代順に並べたもの。 生活の中にありながら、そこから一歩離れて思いを巡らせる、考える時間になるような読書です。 (以下、出版社サイトより) 2015年後半~2020年にかけて、約5年程の間に紡がれた詩、エッセイ、評論などをまとめた書籍です。それぞれの「ことば」は、新たな環境下での生活、実践を進めていく中で、都度、自らの立脚点を更新するものとして立ち現れ、記述されていきました。そして、それらは私自身の理解を超えたところでおそらく互いに連関し、重層的に絡まり合うことで、私自身の生を確かに開いていったと思います。その過程の中で、確かに私自身の中を貫いて流れていったもの。そんな不可視のものを分かち合うことができればと願い、一冊の書籍としました。ぜひお手に取って頂ければ幸いです。 目次 ※順不同・一部 メディアとアート/ルイス・バラガン/時間/学問とからだ/風の音/沈黙のことば/聖イグナチオ教会/内在と超越/現実/ことばの出自