{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

Books(tore) withness you.(2) 日記、エッセイ、書評2023/10-2024/03

残り1点

1,000円

送料についてはこちら

『Books(tore) withness you.(2) 日記、エッセイ、書評2023/10-2024/03』 著者:関口竜平(本屋lighthouse) 発行所:本屋lighthouse 判型:A6サイズ(文庫版),表紙カラー/本文モノクロ,220頁 表紙用紙:上質紙135 本文用紙:上質紙70 価格:1000円(税込) ーーーーーーーーーー 幕張の本屋lighthouseが発行する日記シリーズ。 書店主の日記に、内外に発表した書評・エッセイなどを収録。 クライマックスシリーズ進出がかかるマリーンズと、本や店番、読書などの愉快な出来事と、振るわない売上。 〜〜〜〜〜 マリーンズはオリックスのエースであり、球界を代表する投手でもある山本由伸を攻略し5点を奪った。そして負けた。投手陣が崩壊した。愛すべきマリーンズは今日も変わらない「ぽさ」を発揮していた。 (本文 p.16、10月18日(水)) 〜〜〜〜〜 本シリーズ(1)を含む、同書店の既刊一覧はこちら https://stores.jp/search?q=%E7%81%AF%E5%8F%B0%E3%82%88%E3%82%8A&store=mardock (以下、出版社サイトより執筆者と目次情報を引用) 本屋lighthouseの日記ZINEシリーズ、vol.2です。 vol.2は2023年10月〜2024年3月の日記を中心に、各種媒体に載せたエッセイや書評などを詰め込みました。 〈あとがきより抜粋〉それでも書いていないことがたくさんあり、それは書かないことを選択したものだけではなく、どう書けばいいかわからなかったことや、そもそも書くか書かないのかの選択肢にすら浮上しなかったもの、覚えてすらいないものだったりもする。それらすべてはなかったことになってしまうのだろうか。そうではない、と言い切りたい。いまの私はそう思っている。 〈目次〉 4 2023年10月〜 28 正直な語り手になるということ 映画『ザ・ホエール』感想文 2023/10/28 47 2023年11月〜 71 2023年12月〜 100 書評 ひらいめぐみ『転職ばっかりうまくなる』 2023/12/26 104 2024年1月〜 136 書評 川野芽生『Blue』 2024/02/06 141 2024年2月〜 167 2024年3月〜 198 書くこと/書けること、あるいは歴史を物語るということ 『哀れなるものたち』『密航のち洗濯 ときどき作家』から考える 2024/03/03 (著者) 関口竜平(せきぐちりょうへい) 1993年2月26日生まれ。法政大学文学部英文学科、同大学院人文科学研究科英文学専攻(修士課程)修了ののち、本屋lighthouseを立ち上げる。著書『ユートピアとしての本屋 暗闇のなかの確かな場所』(大月書店)。将来の夢は首位打者(草野球)。特技は二度寝。

セール中のアイテム