{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

インド音楽とカレーで過ごす日々

¥1,980 税込

送料についてはこちら

『インド音楽とカレーで過ごす日々』 語り:石濱匡雄 出版:LLCインセクツ 判型:B5判、仮フランス装 ーーーーーーーーーー インドの楽器「シタール」の奏者でもあり、『ベンガル料理はおいしい』(NUMABOOKS)など、料理家としても知られる著者の、生い立ちを辿った評伝的な一冊。 著者のことを、音楽から知った方も、カレーから知った方も、あるいは全然知らなくても。 15歳でシタールを学び始めて、その後渡印。20代前半をインドで楽器修行と、修行先の料理番として過ごし、現在は演奏者(+料理家)として活動する、と聞けば、なんだか面白く感じてくるのではないでしょうか。 はい、面白いです。 余談ですが、店主は著者の『ベンガル料理はおいしい』のおかげでカレーが作れるようになりましたし、なんなら料理全般が上手くなった(カレーが作れると本当に全ての料理が上手になります)ので、大変に感謝しております。