{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

いいお店のつくり方[保存版]

残り1点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

『いいお店のつくり方[保存版]』 出版:LLCインセクツ 判型::496頁、四六判 本体:2,000円 ーーーーーーーーーー 雑誌「IN/SECTS」本誌でも大人気だったvol.6.5「いいお店のつくり方」、vol.9「同2」が合本となり再刊。 再刊にあたり、取材から6年経過したお店に追加インタビューを行い2冊合わせた分からさらに2倍以上の分厚い本となって帰ってきました。 vol 6.5が出た時はちょうど当店(H.A.B)も立ち上げ期。ずいぶんと読み込んだことを覚えていますし、実際にお店でもたくさん手に取られました。 あのころといまの自分自身の変化も踏まえて、「いいお店」についてさらに深く考える機会にできそうです。 (インセクツバックナンバーほか、関連本はこちら) https://stores.jp/search?q=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%84&store=mardock (以下、出版社サイトより転載) ふだん何気なく「あそこ、いいお店だから」と口にするけれど、 あらためて、いいお店って?って聞かれたら、なんて答える? そもそも、いいお店の“いい”ってなんだろう。 大阪に拠点を構え、地域としてのローカリティだけでなく、感性や共感といった同時代性的ローカリティを軸とした、雑誌「IN/SECTS」。 Vol.6.5(2016年刊)とVol.9(2017年刊)では「いいお店のつくり方」と題して、編集部それぞれがオンリーワンの“いい”と考えるお店を紹介してきました。それは、立ち飲み屋、書店、フランス漁師店、レコードショップ、銭湯など…多岐にわたるお店の、開店までの経緯や店主の秘めたる思いに迫る“いい”をひもとく試みでした。 本書では、そんなVol6.5とVol.9に収録した約6年前の記事とともに、コロナ禍を経た2022年、どのような考え方のもとお店を続けているのか、改めて取材を敢行。当時それぞれの店主が描いていた“いい”は変わったのか、道半ばなのか? それとも以前と変わらぬ思いで働いているのか。 17店のオンリーワンな道のりを、お楽しみください。 <いいお店のつくり方 取材先 一覧> 1 アノニム(フランス料理店) 2 井倉木材(立ち飲み屋) 3 サウナの梅湯(銭湯) 4 スペース・オー(オルタナティブ・スペース) 5 誠光社(書店) 6 ビヨンドコーヒーロースターズ(珈琲焙煎所) 7 ホラオーディオ(オーディオメーカー/スペース) 8 ミズタマ舎(器と生活雑貨) 9 メディテーションズ(レコードショップ) 10 スジャータ/豆醍珈琲(コーヒーとお酒) 11 LVDB BOOKS(新刊古書店) 12 アニエルドール(フランス料理店) 13 VOU(雑貨、ギャラリースペース) 14 酒菜の大きに/オキニコウ(立ち飲み屋) 15 IMA:ZINE(アパレルショップ/ギャラリー/編集業) 16 VINYL7 RECORDS(中古レコードショップ) 17 タビコーヒーロースター(焙煎所・コーヒースタンド) 特別寄稿 井川直子/吉本ばなな