カステーラのような明るい夜
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

カステーラのような明るい夜

残り3点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

『カステーラのような明るい夜』 著:尾形亀之助 編:西尾勝彦 出版:七月堂 154頁、フランス装 ーーーーーーーーーー この詩集を、未知の読者、未来の人びとに捧げます。 (西尾勝彦、本書あとがきより) なんだか眠れない夜が似合う、そんな尾形亀之助の詩集を、詩人の西尾勝彦さんの編集で。直近の新刊で手に入るものですと夏葉社『美しい街』だったのですが、新しい本が加わることになりまして、それも殊の外うれしい。 白い手 うとうと と 眠りに落ちそうな 昼 ― 私のネクタイピンを そっとぬこうとするのはどなたの手です どうしたことかすっかり疲れてしまって 首があがらないほどです ね レモンの汁を部屋にはじいて下さい