アルテリ 十二号
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

アルテリ 十二号

残り1点

¥1,100 税込

送料についてはこちら

アルテリ 十二号 出版:アルテリ編集室 A5版・並製 装画:坂口恭平 ーーーーーーーーーー 熊本・橙書店を編集室にして発行される文芸誌「アルテリ」。 十二号の刊行です。 挿画は前号に引き続き坂口恭平さん。アルテリといえば猫、という方も多いのではないでしょうか。今回は正面から猫。裏表紙も素敵です。 前号に引き続き1967年頃の石牟礼道子さんの日記に加え、渡辺京二さんの1970年頃の日記も。巻頭は池澤夏樹さん。 “たった一本の木にこれだけなぐさめられるのだから、人間のやることなんて自然には到底およばない。それでも人の営みをやめるわけにはいかないから、それぞれの困難をなんとかやり過ごしている。” 本書 P.154-155 【目次】 外から来るもの 池澤夏樹 石牟礼さんが四十だ 伊藤比呂美 目録② 石牟礼道子 朝あけは静かに 大津円 日記抄① 渡辺京二 会社部 坂口恭平 ひきだしの中 吉本由美 夜行 川野太郎 空襲のこと 黒田征太郎 ふたりの聞こえるひとを産み育てその傍らで思うこと 盛山麻奈美 あの日々は続く 土方正志 おとうさんの梅の木 浪床敬子 夜の公園 磯あけみ くらやみにひかる月 田尻久子 バックナンバーはこちらから↓ https://stores.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%AA&store=mardock