戯曲集「つかの間の道」
6050b2db9b47bf6e921091c8 6050b2db9b47bf6e921091c8 6050b2db9b47bf6e921091c8 6050b2db9b47bf6e921091c8 6050b2db9b47bf6e921091c8

戯曲集「つかの間の道」

¥2,200 税込

送料についてはこちら

戯曲集「つかの間の道」 著:宮﨑玲奈 出版:さりげなく 装丁 古本実加 価格:2000円+税 判型:A6並製(裏表紙のみ厚紙、A6変形)、137P 限定:400部 ーーーーーーーーーー 内容、書籍デザイン(造本)ともに意欲的な出版をつづける「さりげなく」。今回は戯曲集。上演される演劇が日常に溶け出すかのように本になりました。 製本はメモ帳のように(あえて)剥がれやすい天のり製本。気になった1枚を剥がしその場で、演劇を日常に溶け込ませることができます。店主が意外だったのはその開きやすさ。ペタッと、ひじょうにきれいに開いてくれます。 登場人物がいつでも見れるように、少し幅の長い裏表紙は厚紙を接着していますが、綴じがきれいに開くため読書や、おそらく手に持ちながらの稽古でもじゃまになりません。 ◉出版社紹介文より抜粋 いなくなった親友にそっくりの ヒサダさんに出会うカップル 夫がいなくなり、姪と暮らしている女、 近所に住むおばさん 日常が歪んでいく、女の子ふたりの遠出 もう居ないはずの誰かに、 目の前にいる誰かが重なり、 今いる場所に、 かつていた場所が重なっていく、 都市生活者冒険譚 日常の言葉から作られた戯曲集。 会話を繰り返しすすむ日常(物語)には、 始まりも終わりもない、とも言えるかもしれない。 そんな戯曲を、 どの場面からも切り取ることができる ぺりぺりと剥がれやすい製本で仕立てました。 ◉著者プロフィール 宮﨑玲奈(みやざき・れな) 1996年高知生まれ。明治大学文芸メディア専攻卒業。 2017年カンパニーメンバーを持たない形で、演劇の団体「ムニ」を立ち上げ、主宰。 ムニでは劇作・演出を行う。 無隣館演出部を経て、平田オリザ氏主宰の青年団に所属。 *ムニ/宮﨑企画SNS HP|https://muniinum.com tumblr|https://muni62inum.tumblr.com/ Twitter|https://twitter.com/muni_6_2