本を抱えて会いにいく
5fba5d5cdf51591adc259e74 5fba5d5cdf51591adc259e74 5fba5d5cdf51591adc259e74

本を抱えて会いにいく

¥1,210 税込

送料についてはこちら

本を抱えて会いにいく 著:橋本亮二 出版:十七時退勤社 ーーーーーーーーーー 十七時退勤社、社長こと橋本亮二さんによる日記的エッセイ集第二弾。 普段の仕事である出版社の営業として、あるいは個人的に。トートバッグに本を(それは読んでいたりその場で買ったりしたもので)入れて、ぐるぐるまわる日々。 本と本屋と本屋さん。それ以外の日常も、もちろんあるけれども、そういう日々は幸せだなぁとつくづく感じられる。 第一弾「うもれる日々」の展示の様子(という程の日記)や、読んだ本のリストも付記。人の読書リストってどうしてこんなに楽しいのでしょうね! “兄ちゃんは高校球児であった。弟から見ると、レギュラーをとっていて然るべきと思っていたのだが、そうではなかった。(...)最後の打者のとき、タイムがかかり代打が予想された。三年間の最後となるのだ、結果はいいから思いっきりバットを振ってほしい。しかし、ベンチから飛び出してきた兄はバットを持っておらず、ヘルメットをかぶりベースへ向かって駆け出した。代走であった。 そのまま試合は終わり、兄の夏は終わった。” 2020.11.22 第一弾『うもれる日々』 https://habookstore.shop/items/5dde7d424fb6c704b15909cc