あまり読めない日々
hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

あまり読めない日々

残り3点

¥1,500 税込

送料についてはこちら

『あまり読めない日々』 著:柿内正午 発行:零貨店アカミミ ★柿内正午が「本から始まる」を連載する「H.A.Bノ冊子」最新号が特典として付いてきます(冊子は当店オリジナルの購入特典であり、本商品だけでなく他の本を買っても付いてきます。詳細はこちら→https://habookstore.shop/news/5c6fa02d68702444d5791334) ーーーーーーーーーー 当店発行の日記本『プルーストを読む生活』(H.A.B)、の翌日から始まる日記である『町でいちばんの素人』(零貨店アカミミ)、の翌日から始まる、柿内正午日記本の三冊目。 本作のころは、『プルーストを読む生活』の刊行により、noteで公開後数秒で「いいね」してくるビジネスアカウントを相手に書いていたところから、みんなの知っている柿内正午に変わっていく過程、パンデミック下での生活、「推し」との出会い、などさまざまな変化にさらされた時期のもの。とはいえそれは後付けでの評価。ただただ毎日その日に書かれた文章である日記は著者から抜け出して、瞬間を日々捉えています。 (以下、そんな瞬間の日記を振り返ることで、なんだか他人事みたいに自分のことを語る柿内正午による、著者あとがきからの抜粋) この本の作者、柿内正午は都内在住自称「町でいちばんの素人」、会社員である。 本作は日記本としては『プルーストを読む生活』、『町でいちばんの素人』に続く三作目にあたる。本作では『プルーストを読む生活』の二匹目のドジョウを狙い「マルクスを読む生活」を試行して見事に失敗している。 その代わりと言ってはなんだが、人気スマホゲーム 「Fate/Grand Order」にハマり、人生初の「推し」ネロ・クラウディウスと出会い、パンデミック以降の精神的にしんどい日々の鬱屈をコンテンツにより慰められるというありふれていながらもとても素晴らしいフィクションとの関係を築き上げていく様が滑稽なほど素直に語られている。 自らスノッブを自称する柿内が、スマホゲームに屈託なくのめり込んでいくのは見ていて小気味がいい。 今作の見所はネロちゃまへの熱狂だけではない。『プルーストを読む生活』の商業出版が決まり、じっさいにそれが刊行されるまでの心の移ろいは、一個人が「著者」になるまでの軌跡の一端を見るようだ。そしてそうやって過剰になっていく自意識と、パンデミックに際しての政府や会社に対して募らせる不信感とで、すっかり読書の喜びや日記の書き方を見失っていく姿は「人はこうも簡単に読めなくなるのだ」と恐ろしくなる。そしてそうであるからこそ、スマホゲームや映画など、本以外の作品を杖にかろうじて正気を保とうとする奮闘っぷりに打たれ、日々の喜びは何も本だけではないのだという気持ちにもさせられるのだ。 (著者あとがきより) ■装画・表紙デザイン:イタガキユウスケ ■解説:たけのこスカーフ 【柿内正午関連著作】 https://stores.jp/search?q=%E6%9F%BF%E5%86%85%E6%AD%A3%E5%8D%88&store=mardock