{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

100ものがたり

残り1点

¥1,760 税込

送料についてはこちら

『100ものがたり』 著:いしいしんじ 出版:橙書店 判型:308頁、110×170㎜ 2021年11月刊 ブックデザイン:おおはたあきこ(大畑広告準備室) 校正:おおかわひさのり 編集:たじりひさこ 印刷・製本:株式会社イニュニック ーーーーーーーーーー 2021年の『こわいな! 恐怖の美術館』展示のために書き下ろされた100編の短編を、一冊に集成。 いしいさん自身が熊本の土地を巡り集め、広げた作品。伝統的な物語が生まれる手法を用いて新たに創作された「おはなし」はまさに新しい百物語といえそうです。 (以下、出版元サイトより引用) 「ここにおさめられた『おはなし』は、2021年に熊本市現代美術館でひらかれた『こわいな! 恐怖の美術館』のために書きました。99編を展示し、好きな1編を持って帰ってもらうのです。書いていくうちこれは、一冊の本をめぐる物語でもある、とわかりました。こうして一冊にまとまって、すべての『おはなし』が喜んでいます。本もです。(いしいしんじ)」 いしいさんが熊本の土地をめぐり、お話を集めました。すべてのお話の舞台が熊本なので、住んだことのある人ならばきっと知っている場所が出てくるはず。もちろん知らない人にも楽しめます。熊本城、江津湖、阿蘇、荒尾競馬場、八千代座……橙書店も舞台のひとつです。主人公は黒くてだえん形の「くま」と、あじつけノリみたいな「くろ」。地震の大きな揺れで、でっぱったりへこんだりした、大きなギザギザのひびがある「くま」の前にまっくろの「くろ」が現われ、くまの怪我には、薬として『おはなし』が効くのだと言います。二人はお話を集める旅に出て……。ちょっぴり怖くて、せつなくも楽しくもあり。さいごまで読めば、読む人にも効能がある再生の物語。人々は大昔から、怖いとき、悲しいとき、いつも物語を口承で伝えてきました。それがいまでは本という形を持っています。本を開いて、「くま」と「くろ」と一緒に旅をしてください。