{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

読書会の教室

残り1点

¥1,870 税込

送料についてはこちら

『読書会の教室ー本がつなげる新たな出会い 参加・開催・運営の方法』 著:竹田信弥(双子のライオン堂)+田中佳祐 出版:晶文社 判型:A5判、並製、192頁 ーーーーーーーーーー 東京赤坂(もと白山)にある書店双子のライオン堂では、夜な夜な、あるいは昼間にもひたすら「読書会」が開催されています。 その店主と白山時代より読書会を企画している“お客さん”による、ありそうでなかった読書会運営のノウハウ本。 読書会主催者へのインタビューも充実。同店が発行する文芸誌『しししし』の名物企画「紙上の読書会」(読書会の模様をそのままテキスト化)も収録。 (以下、出版社サイトより引用) 【目次】 はじめに 第1章 読書会とは? 「読書会」とは一体なんでしょうか? 読書会は本が主役 第2章 読書会にはどんな種類がある? 読書会にもいろいろある 選書方法による分類 開催形式による分類 ちょっと変わった読書会のアイデア コラム はじめての海外文学(谷澤茜) 第3章 読書会に参加するには? 読書会との出会い方・探し方 行くまでの準備 当日の朝の楽しい過ごし方 本の感想ってどうやって話せばいいの? 読書会が終わったあとに コラム ビブリオバトルとは他人に本を探してもらうことである(岡野裕行) 第4章 読書会を開催・運営するには? 読書会の作り方 読書会の運営のポイント 場を和ませて話しやすい雰囲気作りを コラム ビブリオバトル必勝法(安村正也) ◎なぜ読書会を開くのか?──主催者に聞く! 猫町倶楽部(山本多津也) GACCOH(太田陽博、うきくさ、倉津拓也、しょうへい、谷川嘉浩) 八戸ブックセンター(音喜多信嗣、熊澤直子) ◎読書会では何が起きているか?──紙上の読書会 課題本方式 カフカ『変身』 持ち込み方式 「変な本」 ◎読書と読書会について本気出して考えてみた 自由な議論とは何か――読書会から考える(倉津拓也、しょうへい、谷川嘉浩) 語り合うことの楽しみ、本をめぐる冒険(倉本さおり、長瀬海) 付録 必携・読書会ノート──コピーして活用しよう おわりに