{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

町でいちばんの素人

残り1点

¥1,500 税込

送料についてはこちら

『町でいちばんの素人』 著:柿内正午 出版:零貨店アカミミ ーーーーーーーーーー “どうやったら無理のない範囲で、なるべく平穏なまま、たのしくできるかなあ、ということを考えていて、勤務中もそればかりで労働に身が入らなかった。こればかりは僕は両立できるほど進研ゼミではないようだった。 --2020.03.27” ZINE及び、当店刊行の合本版『プルーストを読む生活』の翌日から描かれる、「「町でいちばんの素人」を自称する会社員の2019年12月から2020年7月までの日記」。 『プルーストを読む生活』の最後の日の翌日から始まる、それだけで何がしかの感動してしまう。ドラマが、アニメが、漫画が、小説が完結しても、当たり前だけれどその生活は終わらない。 “その姿から学ぶものは、特になにもない。” と自称する、ただただ読んで書く生活。 柿内正午の関連本↓ https://stores.jp/search?q=%E6%9F%BF%E5%86%85%E6%AD%A3%E5%8D%88&store=mardock