【オンライン参加】イベントゲスト:中岡祐介さん(三輪舎)「場所をもつこと。本屋と図書館、此岸と彼岸」
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【オンライン参加】イベントゲスト:中岡祐介さん(三輪舎)「場所をもつこと。本屋と図書館、此岸と彼岸」

¥1,300 税込

※こちらはダウンロード商品です

yamagaku1107_Invitation_ONLINE.pdf

452KB

タイトル:「場所をもつこと。本屋と図書館、此岸と彼岸」 開催日時:11月7日(日)15:00〜17:00 会場:生活綴方(〒222-0011 神奈川県横浜市菊名 1丁目-7-8) オンラインでも同時配信 オンライン配信フォーマット:Zoom(生配信) *事前購入者のみアーカイブが視聴可能です(アップロード:イベント翌日ごろ、公開:二週間程度)* 【 オンラインでの配信について 】 当イベントはオンラインでのリアルタイム配信に加え、購入者向けにアーカイブの限定配信(二週間ほど)を予定しています。アーカイブは会場で参加いただいた方にもご覧いただけるよう手配いたします。 【当日のご参加について】 コロナウイルス感染症ほか、当日まで状況がわからないため、申込後にご不安になられることもあるかと思います。会場参加の方へもオンライン視聴のURLをお送りいたします(購入時にダウンロードできるPDFに付記)。また先述のとおりアーカイブ配信もありますので、ご無理のないようにご判断ください。 (参加料金) 会場参加:1300円(税込) https://habookstore.shop/items/6172552dc15c5a2219ccfcc6 ★本ページはこの申込み★ オンライン参加:1300円(税込) 時間内入退場自由 https://habookstore.shop/items/6172554c54ddd87470337d6a ※ご購入いただきましたチケットは、ご返金ができません。予めご注意ください。 ※購入時に参加用のURLとパスコードか記載されたPDFファイルがダウンロードされます。そちらに従ってご参加ください。 ーーーーーーーーーー 「中岡さんも研究と実践を繰り返していて、場所は違うけど、同じ方向をめざしていると勝手に思っている。本質的なことから逃げない姿勢がすごい。デモクラシーの実践を自分たちなりに行いたいのだ。」 山學ノオト2(二〇二〇)2020年1月25日 p.24 『山學ノオト2(二〇二〇)』刊行を記念して、共著者である青木真兵と三輪舎・中岡祐介さんとの対談を、中岡さんが運営協力する「本屋・生活綴方」にて行います。 福祉の仕事をしながら、奈良の山村で私設図書館を開く。出版社をしながら、横浜市、妙蓮寺駅前の老舗本屋の運営にも関わる。お互いに仕事と場を持つことを両立されているお二人。日記の中で真兵さんが中岡さんを訪ねたのは、「生活綴方」ができる前。そこから二年ほど経過したなか、お互いの変化や実践の積み重ねを共有しながら、場所を持つことについて対話を繰り広げます。 【プロフィール】 ◇中岡祐介(なかおか・ゆうすけ) 1982年、茨城県ひたちなか市生まれ。書店チェーン本部に八年間勤務したのち、出版社である三輪舎を創業。19年より横浜・妙蓮寺の書店「石堂書店」の2階に移転。またその姉妹店として「本屋・生活綴方」を開業。現在はイベントや展示の企画を監修する傍ら、本屋を拠点にした少部数出版による表現活動の実践として「生活綴方出版部」を取り仕切る。編集を担当した書籍に『本を贈る』(若松英輔・島田潤一郎ほか)、詩集『鬼は逃げる』(ウチダゴウ)、近刊に絵本『海峡のまちのハリル』(末沢寧史・文/小林豊・絵)。 ◇青木真兵(あおき・しんぺい) 1983年生まれ、埼玉県浦和市に育つ。「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」キュレーター。古代地中海史(フェニキア・カルタゴ)研究者。博士(文学)。2014年より実験的ネットラジオ「オムライスラヂオ」の配信をライフワークにしている。2016年より奈良県東吉野村在住。現在は障害者の就労支援を行いながら、大学等で講師を務めている。妻・青木海青子との共著『彼岸の図書館 ぼくたちの「移住」のかたち』(夕書房)、『山學ノオト』(H.A.B)、「楽しい生活─僕らのVita Activa」(内田樹編著『ポストコロナ期を生きるきみたちへ』晶文社)などがある。近刊に単著『手づくりのアジール 「土着の知」が生まれるところ』(晶文社)。 ◇山學ノオト 「日常を取り戻したいのだけれど、そもそも僕らの「日常」とはどんなものだったのだろう。」 奈良県東吉野村。人口一七〇〇人の山村で自宅を開放して人文系私設図書館ルチャ・リブロを運営する夫婦が、仕事に、生活に、山村と街を、あるいは彼岸と此岸を往復しながら綴った日記に、エッセイや草稿「研究ノオト」を収録。 ◇人文系私設図書館Lucha Libro 図書館、パブリック・スペース、研究センターなどを内包する、大げさにいえば「人文知の拠点」。月10日ほど開館したりしなかったり。『彼岸の図書館:僕たちの「移住」のかたち』(夕書房)が発売中。機関誌『ルッチャ』、蔵書案内『りぶろ・れびゅう』を発行。オムライスラヂオも配信中。https://lucha-libro.net/