HEROINES(ヒロインズ)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

HEROINES(ヒロインズ)

残り2点

¥2,530 税込

送料についてはこちら

『HEROINES』 著:ケイト・ザンブラノ 訳:西山敦子 装画:カナイフユキ 出版:C.I.P BOOKS *おまけ:本書についてレビューした「続・クソみたいな世界を生き抜くためのパンク的読書」(小野寺伝助)が載った、当店オリジナル「H.A.Bノ冊子」の2号をおつけします。 ーーーーーーーーーー 名のある男性作家たちの影に隠され、名前を消されてきた妻や愛人たちに焦点をあて、そのクソみたいな歴史や現実を描き出し、唾を吐き、そして立ち上がる勇気にかえる、鬱々として、愚痴っぽく、なにより力強い。 活力となる一冊。 “家父長の言葉が支配する枠組みの中で声を抑えられた女性たちに寄り添い、彼女たちの物語を響かせようとする試み。あらゆる引用とパーソナルな記録の断片を無限に重ね、織り合わせることで現れる〈私たち〉の姿とは。” (C.I.P BOOKSサイトより引用。以下も同様) 本書で主に取り上げられるヒロインと作品たち ゼルダ・フィッツジェラルド/ヴィヴィアン・エリオット/ジェイン・ボウルズ/ヴァージニア・ウルフ/エンマ・ボヴァリー(『ボヴァリー夫人』)/アナイス・ニン/ジューン・ミラー/「私」(『黄色い壁紙』シャーロット・パーキンス・ギルマン)エドナ・ポンテリエ(『目覚め』ケイト・ショパン)/ジーン・リース/デューナ・バーンズ/ルイーズ・コレ/コレット・ペニョ(ロール)/ルチア・ジョイス/フランシス・ファーマー/ウニカ・チュルン/アンナ・カヴァン/エリザベス・ハードウィック/メアリー・マッカーシー/シルヴィア・プラス などなど…… 著者紹介 ケイト・ザンブレノ 2009年に作家リディア・ユクナヴィッチの出版社キアスムス・プレスが主催した「Undoing the Novel」コンテストで見出され、_0Fallen Angel _で小説家デビュー。ほかの主な著作にGreen Girl (2011)、_Book of Mutter _(2017)など。新作小説や、エッセイと講演を収録した作品集など近刊の予定多数。2018年現在コロンビア大学などで教鞭をとる。ニューヨーク在住。