コロナ禍日記

コロナ禍日記

残り2点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

『コロナ禍日記』 出版:タバブックス 四六判・並製・448ページ 定価 2,000円+税 ISBN978-4-907053-45-1 ーーーーーーーーーー あのころ何してたんだっけ? 何があったかは覚えてる。でも、どんな感じだったかは思い出せない。 容易に忘れ去られてしまうあの日あの時の「感覚」。その多くは流れていってしまうけれども、忘れてはいけない時期もある。 2020年春のCOVID-19の第一次蔓延期に書かれた17人の日記。日本だけでなく、韓国、ドイツ、イギリス、アメリカ在住者の日記も収録。 というか、この方々の日記は、COVID-19関係なく、いつのものでも、とても読みたいですね。 執筆者 植本一子(写真家) 円城塔(小説家) 王谷晶(小説家) 大和田俊之(音楽評論家/米・ボストン) 香山晢(漫画家/独・ベルリン) 木下美絵(出版エージェント/韓国・京畿道) 楠本まき(漫画家/英・ロンドン) 栗原裕一郎(評論家) 谷崎由依(小説家) 田中誠一(映画館経営) 辻本力(ライター、編集者) 中岡祐介(出版社・書店経営) ニコ・ニコルソン(漫画家) 西村彩(カフェ経営) 速水健朗(ライター) 福永信(小説家) マヒトゥ・ザ・ピーポー(ミュージシャン)